景品はイベント成功の鍵

結婚式・披露宴のあとの二次会、忘年会・新年会やこれらの二次会、歓迎会や送別会、花見などの各種イベントで、途中でビンゴなどのゲームが行なわれることがよくあります。
タイミングはイベントの序盤・中盤・終盤といった具合にわかれますが、ゲームの盛り上がりは以降のイベントの盛り上がりに影響します。
せっかくゲームまではいい雰囲気でイベントが進行したのに、ゲームがつまらないものであったり、ゲームの景品が大したものでなかったりすると、場の空気が冷めてしまいます。
この「すべった」感がイベントの参加者に強く印象付けられると、イベント自体がダメだったという評価につながってしまいます。

前述したようにゲーム自体はビンゴをはじめとする定番のものでも問題ありませんが、ゲームへの食いつき方は景品が何かでだいぶ変わります。
単純な話、だれもが欲しがるようなものが景品として用意されていると、参加者はゲームに集中し、会場の雰囲気もよくなります。

以上のように、景品はゲームへの参加意欲だけでなく、ゲーム中やゲーム後のイベントの雰囲気にまで影響してしまいます。
ゲームや景品の選択を任された幹事役の人などは頭が痛い思いをしますが、当サイトではどういうものを景品として選択すれば良いのか、またどういうものを避けたほうがいいのかなどを解説します。
どうしても景品を選びきれない場合にはどうすれば良いのかも紹介しますので、景品選びを任されて困っている人、今後任されるかもしれないと思っている人はご一読ください。



○関連サイト
シチュエーションや予算から二次会景品が選べる販売会社です …… 二次会景品

Copyright © 2014 イベントにおける景品選びのキモ All Rights Reserved.